輸入されたお米、外米の行方について

現在でもお米は輸入されています。農作物は土壌が違うと味にも差が出ます。日本人が毎日食べる米ですと、その味の違いには敏感になっています。実際外米は、国内産に比べて劣るということが言われていました。今ではそれほどの差はないものの、大量に輸入された外米は、ほとんど加工食品となり、白米として私達の口に入る機会は少ないのです。が、おせんべいなどの米のお菓子として、日本国内で消費されています。今は、国内の米だけでも足りている状態ですが、今後はこの外米が食卓に上がるのが当たり前という時代もやってくるかもしれません。以前は味も劣ると言われてきましたが、最近では、ずいぶんおいしいお米になったと言われています。機会があれば外米を手にしてみてください。


none